ファッションとしてだけではなく、結婚のシンボルとして多くの方がその身に付ける指輪。単なるアクセサリー以上の意味を持つことも多く、例えばドイツの作曲家ワーグナーの代表作の一つ「ニーベルングの指輪」では、世界を支配をする力を約束する物として。映画としても人気の「指輪物語」では、冥王サウロンという悪の権化の力を宿す物として登場します。多くのジュエリーの中でも不思議な力を持つ物という認識があるのが、この指輪なのです。

古代文明が残した指輪

指輪のはっきりとした歴史については分かっていないようですが、古代文明の遺跡からは必ずと言っていい程、指輪が出土しています。メソポタミア文明からは多くの指輪が出土していますし、古代エジプト人は結婚式で指輪を使用した初めての人類と言われています。