ジュエリーは「女性」を象徴するものとして認識されることが多いのですが、近年男性のファッション意識の高まりに伴い、そのような認識も薄れつつあります。そして歴史的には、時代時代によって多くの意味合いをジュエリーは持って来ました。

魔除けとしてのジュエリー

ジュエリーは元々「魔除け」として使用されていたと言われます。それも一部の地域、ということではなく、世界中で同じ目的で使用されたのです。古代は動物の牙や爪などからジュエリーを作成することが多く、命の象徴として本能的にそれらを身に纏ったのかもしれません。

宝飾品としてのジュエリー

文明の誕生と共に、ジュエリーは宗教的、または権威の象徴としての意味合いを持つようになりました。そしてローマ時代には贅沢品として使用されるようになったのです。